オーストラリアのワーホリビザ申請について

こちらではオーストラリア・ワーホリビザ申請方法を載せております。申請方法/必要書類は予告なく変更されますので、申請の際は大使館HPや関係機関で最新情報をご確認ください。 

オーストラリア・ワーホリの参加資格を満たす方のみ応募が可能です。参加資格をお確かめの上、下記の順番でビザ申請をお進め下さい。 オーストラリアワーホリ参加資格

オンライン申請

オーストラリアの大使館査証課からオンライン申請となります。 (e-Visa)

オンライン申請に必要な書類

1.  パスポート (有効期間が滞在予定期間を満たすもの)

2.  クレジットカード (クレジットカード決済のみ) ※自分名義でなくてもカード名義人が了承していれば可。

3.  E-mailアドレス (携帯アドレスは不可)

4.  インターネットブラウザの環境 (IE 5.0以上またはNetscape Navigator 6.0以上)

オンライン申請方法

1.  オーストラリア大使館のホームページ (日本語) にアクセス。

2. 上記ページの“その他情報”の中にある“申請方法”をクリック。

3. eVisa (電子ビザ) を選択するとビザの種類が選べます。

4. Working Holidayビザを選択して、申請開始。

   ※初めてのワーホリビザも2度目のワーホリビザも同じページから申請。

   ※日本国籍者の申請料はAUS$235。

健康診断とレントゲンについて

ビザ申請中に、人によっては健康診断書の提出が求められます。 指定された用紙(申請中に指示あり)をDLして印刷。大使館指定医へ持っていき受診。検査結果は自動的に病院から大使館へ送られます。

 

健康診断&レントゲンが必要な方:
●申請書の質問中に該当する病歴や症状がある方

●現地で講師などで一定期間を教育機関で活動する方

 

レントゲンが必要な方:
●過去5年以内に3ヵ月以上結核発症率の高い地域に滞在した方

 (中国、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、ベトナム etc.)

●製薬工場、医療機関、育児施設を訪れる予定のある方(ボランティア含む)

ビザ発給の通知

eVisaの審査はタスマニアにあるDIMIA事務所で行われます。 ビザ発給の条件を満たした方には、ビザが許可され、ビザ発給許可通知書(Visa Grant Notification :VGN)が届きます。そのVGN をプリントし、オーストラリアへ渡航します。オーストラリア入国後、最寄りの移民局に出向き、パスポートに就労許可付きのビザシールを貼ってもらいます。

ビザ申請のためのサイト

オーストラリア大使館査証課 (日本語)

 〒108-8361 東京都港区三田 2-1-14  03-5232-4111  

 (開館時間:9:00-12:30、13:30-17:00 平日)

 

オーストラリア移民局 (オーストラリア・ワーホリe-visa申請ページ)